【群馬県伊勢崎市】波志江沼の水が抜かれて水鳥が激減してしまった

今日は群馬県伊勢崎市の波志江沼で野鳥撮影してきました。

以前書いた「【群馬県】水鳥の撮影なら「波志江沼」が超オススメ!」では、波志江沼がいかに素晴らしいかを書きました。

でも、残念なお知らせがあります。

波志江沼の水鳥が激減しました!

波志江沼の水が抜かれてしまった

Canon PowerShot G9 X (10.2mm, f/6.3, 1/1250 sec, ISO250)

沼の水が完全に抜かれてしまったため、サギ類を中心にかなり数が減ってしまいました。

どうやら、冬の時期は沼の水を完全に抜いているみたいです。

農業用ため池なので冬の時期は水が不要ですし、定期的に水を抜くことで沼の水質を保っているのだと思います。

Canon PowerShot G9 X (10.2mm, f/5, 1/1250 sec, ISO200)

と言っても、沼の水は完全には抜けきらないので、沼の中心部などにはある程度水が残っています。

数は少なくなりましたが、この部分に少数のサギ類・カワウ・カモ類が見られます。

Canon PowerShot G9 X (24.839mm, f/5.6, 1/1250 sec, ISO250)

以前は、この段差部分の岩に大量のカワウやカモ・サギがいたんですが、今はかなり数が少ないですね。

植物を食べるカモ類は比較的たくさんいますが、魚を食べるサギやカワウはすごく少ないです。水がないので魚類もほとんどいなくなってしまったのでしょうか?

Canon PowerShot G9 X (10.2mm, f/4, 1/1000 sec, ISO250)

でも、ご安心ください。

完全にストップしていた水の供給が再開されていました。少しずつ水深が戻っていくはずです。

いつもの鳥たち

数は減ってしまったものの、それでもまだまだたくさんの野鳥が観測できます。

珍しい鳥はいませんが・・・w

アオサギ

NIKON D500 (850mm, f/10, 1/1000 sec, ISO280)

僕の一番好きなアオサギさん。足1本で立ち続けていましたw

波志江沼にいるアオサギさんは、若鳥が多いんですが、この子は成鳥ですね。

もっさりしている飾り羽がしっかりあるので

NIKON D500 (500mm, f/10, 1/1000 sec, ISO1400)

でも、やっぱり小柄なアオサギが多いです。チュウサギくらいのサイズしかありません。

飾り羽が短いので、まだ若いのかな・・・それとも雌なのか?

NIKON D500 (550mm, f/10, 1/2000 sec, ISO1000)

コサギ・アオサギ・ダイサギが奇跡的に並んでいた写真を見てもらえばわかりますが、アオサギのくせに小さいんです。

コアオサギってのがいるのかと思って調べてみましたが、そんなのはいないみたいです。アメリカにはオオアオサギという、アオサギよりデカいアオサギがいるみたいですが・・・

NIKON D500 (850mm, f/9, 1/2000 sec, ISO1600)

ちなみに、アオサギさんの若鳥がこの子。頭の黒い飾り羽や背中のふわふわの飾り羽がありません。

NIKON D500 (400mm, f/10, 1/2000 sec, ISO100)

アオサギが飛んでいるシーンをモノクロにしてみましたが・・・いまいちですねw

ダイサギ

NIKON D500 (850mm, f/9, 1/2000 sec, ISO500)

ダイサギが噛みつきあいの喧嘩をしてました。

最初は仲良く2羽が隣同士で立っていたんですが、突然バトルを開始。何か気に食わないことがあったのでしょうか?

数十m離れた場所から撮影したので、ピントが甘いというかノッペリとした画質になってしまったのが残念。

もっと近い場所で撮影できる機会があればいいなぁと思いました。

ムクドリ

NIKON D500 (850mm, f/11, 1/1600 sec, ISO1000)

あまり、水鳥がいないので公園部分の木で野鳥を狙いました。

嫌われ者のムクドリさんがたくさんいました。

NIKON D500 (850mm, f/9, 1/1000 sec, ISO400)

一つの木に10羽くらいが集団でとまってました。

大量の群れを成す鳥で、都市部などで大量のふんや鳴き声による騒音でよく問題になる鳥です。増えすぎているらしいです。

よく見かけると思いますが、電線に大量に止まっている鳥がムクドリさんです。

ただ、群馬ではあまり見かけないかも。

モズ

NIKON D500 (850mm, f/11, 1/1600 sec, ISO2500)

オレンジ色がきれいなモズさん。どこにでもいる身近な野鳥です。

スズメくらいのサイズで動き回るため、撮影は結構難しいです。

背中に影ができてしまっているのが残念です。

シジュウカラ

NIKON D500 (800mm, f/10, 1/800 sec, ISO500)
NIKON D500 (850mm, f/9, 1/2000 sec, ISO900)

シジュウカラもよく見かける野鳥です。少し黄色っぽい羽が特徴。

スズメくらいの大きさです。

NIKON D500 (850mm, f/10, 1/800 sec, ISO450)

白い木の実のようなものを食べていました。

ヒヨドリ

NIKON D500 (850mm, f/9, 1/1000 sec, ISO360)

ヒーヨヒーヨという鳴き声が特徴のヒヨドリさん。

地味な色ですが、頭の上のモフモフの羽が可愛いです。

NIKON D500 (850mm, f/9, 1/1000 sec, ISO360)

このヒヨドリさん、群馬県で異常繁殖してるんじゃないかと思うほど大量にいます。

公園で野鳥撮影していると、5割くらいがヒヨドリです。正直、多すぎて見飽きてますw

ただ、数はめっちゃ多いんですが、写真に収めるのは難しいです。素早く動き回るし、木の上の方の枝にとまります。結構臆病で、人間が少し近づくだけで逃げてしまいます。

1時間くらい撮影して帰宅

波志江沼のいいところは沼のサイズ感です。

写真を撮りながら沼の周りをゆっくり1周すると、だいたい1時間~1時間30分程度です。

長すぎず短すぎず、ちょうどいい感じです。

Canon PowerShot G9 X (15.635mm, f/4, 1/1000 sec, ISO125)

こんなくだらない写真を撮影してみたり・・・

Canon PowerShot G9 X (15.635mm, f/4, 1/800 sec, ISO125)

散りかけのカエデの木を撮影してみたもしました。

このカエデの木は現物でみるとものすごく綺麗だったんですが、写真にするとなんだかイマイチな感じになっちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です